不動産投資 仲介の仕組みを理解する

両手の手数料を仲介業者は狙う。6%の手数料がほしいから

元付業者がポイント

安い買付でも両手になるものを優先する。

両手になる場合、融資がほぼ確定になるまで、売止をしてくれる可能性が高い。

24時間以内に動く

現地で元付業者の看板を見つける。そこに問い合わせをして両手になる環境を作る。

買うときは専任、売るときは一般

なぜなら、情報操作がされる。

窓口を2つにする。2者一般媒介にする。そうすると嘘がつけなくなる。

買付切りがなくなる。

信頼できる場合は、専任媒介。親族に不動産会社がいるなど

買取業者が狙わない土地を狙う!

分割できない。切り売りできないなど

三井のリハウス、東急リバブル、住友不動産の自社サイトを狙え!

土地を見たときに、新築のイメージが浮かぶようになる

建物規模は6戸以上

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください